音とカメラとくらろぐと

Clalog(くらろぐ)のページへようこそ。 音ときどき写真。写真ときどき音。 好きな音楽について語り、撮影した写真を掲載したり。 ジャンル: 60〜70年代英米ロック、推しはEric Clapton。 使用カメラ: OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ, Canon power shot GX7 MarkⅡ

D6E7169E-A2B4-499A-9387-B3881668A66F

自粛が始まる前、いつか猫写真を撮りに行きたいなと思っていました。
しかしながら首都圏ではやはり地域猫の問題を抱えているところも多いようで、
ネットで地域猫が多い公園などのワードで調べてみても
「最近はほとんど見かけない」との情報が多く。
 猫カフェに行くしかないか〜と思ってはいたけど、
いつか行けばいいさ!で行かないに至るというお決まりのパターン。

自粛が始まり、近所を散歩するようになってみると
結構な頻度で地域猫に出会す場面が多いことに気がつきました。
でも、だいたいの猫ちゃんが近づくと逃げちゃうんですよね。
その中でもこのサバ柄ちゃんは、近寄らせてはくれたので
なかなかいい写真が撮れました。
気分はすっかり岩合さんで「撮らせてもらってもい〜いぃ〜?」とか
話しかけてたら、近くの家の人に見られてましたけどね。軽く変態。

B26D3A3F-1A51-4E4A-9A8B-1FFEC49C96D7

この時はCanonを持っていってなかったので、iPhoneで撮影した茶虎ちゃん。
この子もある程度の距離までは近づかせてくれるけど、
そこを越えるとにゃーおと鳴きながら警戒してくる感じでした。
追いかけ回してほんとごめんねーと思うんだけど、
見かけると近づいていっちゃうんですよねぇ。

C2B211F8-761A-48B1-A57F-11FFC6CB9001

そして今のところ最強だったのがこの白茶ちゃん!
この子は私が近づいていったら、向こうもなんの躊躇もなく寄ってきて
足にスリスリしてきてくれたんです!!
そしてゴロゴロも聞かせてくれて!!
ん〜もう何この幸福感?え?お金払いましょうか?
ちゅーる何本欲しいの?ってヲタクすぐ課金したがるんだから…。
しまいにはお腹ゴロンまで見せてくれた大サービス白茶ちゃんでしたが、
たまたま出会った地域猫に癒しをもらっておいて、
ウチでは飼えないからさ、また来るからその時まで元気にいるんだよ!って
やっぱり勝手な行為にあたるのかなぁと。
外の厳しい環境で生きる猫ちゃんと、糞害などに悩まされる地域の人たち。
どっちも幸せではない状況の中に、散歩でたまに現れるBBAが
「猫ちゃん〜可愛い可愛い〜」って中途半端にやるのが
一番良くないんだろうなぁといつも考えてしまいます。

この自粛期間中、毎日そんなに散歩をしているわけではないのですが
それでも何匹もの地域猫に出会いました。
今の自分の置かれている状況では飼ってあげることができないのだけど、
もし近い将来、猫を向かい入れられる環境が揃う日がきたら
保護猫にしようと改めて思う日々です。
何事もバランスって難しい。それはわかっているのだけど、
地域猫ちゃん達が幸せな猫生を過ごすことができるよう、
たくましく生きていって欲しいなぁと思わずにはいられません。
 



128688C2-F5A9-4249-A02F-E8917EF54EA9

ウェーイ!!

 
Happy 60th Birthday BONO!!
ボノ還暦になりました。アダムに続き2人目のカンレキーズ。

ですが、こうやってカメラの前でおちゃらけおじさんになってしまうあたりは、
中身は6歳児なところもあるなぁって思うw
でも、私はそういうところが好きだったりもするんだなぁ。
バンドメンバー全員とのフォトセッションでもボノだけ???な
ポーズとってて、ふとした瞬間に隣にいる誰かが苦笑モードだったり、
でも気にしないボノみたいなメンバーとの関係が垣間見れた時とか
ファンって嬉しかったりもするしね。
え?あんなドヤ顔で俺って面白いとこもあるだろ的な狙ってます
バレバレなところが暑苦しいって?そうとも言うw

アダムの誕生日の頃(3月13日)、ボノのバースデーは
デーハーに祝えるだろうと思っていましたが、まさかこんな事になるとは。
でも、こんな時だからこそファンは歌に励まされて日々を過ごしていて
ライブに行けていた頃の日常のありがたみにも気がついたりするわけで。
気がつけば来月で去年のU2来日公演から半年を迎えますが、
本当に夢のようなショーだったなぁと写真を見たり
YouTube見たりして思い出し、次にボノと会える日を楽しみに待っています。

ボノの社会貢献活動については賛否両論色々な意見が見受けられます。
本人の暑苦しいキャラの部分も重なってしまいw
なおかつ白人欧米系成功者としての見方と物言いじゃないか的な
ズバリな意見もあるようです。

ここで私の話になりますが、2000年代にガーナへ行ったことがあります。
当時の私は外国は欧米諸国しか行ったことがなく、東アジア圏にすら
足を踏み入れたことがない。そんな若造がいきなりアフリカ。
そりゃーね、ガーナはアフリカ内であったら上の方というか
最貧国クラスではない国です。
でも、日本と欧米しか知らない私が行ってしまったもんだから〜
それはそれはいい意味でも悪い意味でも衝撃を受けました。
ステイ期間はたった2週間でしたが、どちらかというと悪い意味での
衝撃の方が多かったんです。そりゃね、いきなりアフリカはハードル高すぎ。
なんで来てしまったんだろ?って後悔の方が多かったんですが
そう思いながらも、なぜかガーナの人や国のために
何か私に出来ることがあるのではなかろうか?という
気持ちが生まれたことは確かだったりもします。
結果として何かしてるのか?といえば
申し訳ないけど何か行動を起こせているわけではない。
でも気持ちとしてはあるんだよ…と全くを持って言い訳がましく
聞こえてしまうのが今これを書いていて恥ずかしいのですが。

と、ここまで書き記せばどう言うことを言いたいのかわかるかとは思いますが、
そう、何も出来ていないけど気持ちを持ち合わせている私としては、
ボノがアフリカに対して行動を起こしてくれていること、
それがどんな見方であってもとにかく動いてくれている、
言い続けることでアフリカの状況が少しでもファンに届くよう
考えてくれていること、それだけで本当に凄いなぁと思ってしまうし
ありがたいなぁと思うのです。

ボノ還暦の今日、アフリカに対する自分の気持ちを再確認したことだし
何か今年は行動を起こそうかなと思った次第です。
まずは、毎年都内の公園で開催されているアフリカンフェスティバルにでも
行って現状を確かめるところからと思いましたが
今年は各国のフェス系の開催は難しいかもしれませんね。ザ蜜ですし。
でもフェスでなくとも、アフリカングッズを買ってみるとか
小さなことからでも一歩一歩、やっていくことにしよう!
ボノ!私の小さな気持ちに気がつかせてくれてありがとう!!!

と、なんだかふざけたおじさんの誕生日ネタなのに
真面目な話になってしまいましたが…ね、ボノちゃん巨○好きだよね!
緑内障対策の意味も含めたサングラスで
視力は大丈夫なのか?とふと心配になるけど
巨○はしっかり見えているみたいだもんね!!
あれって嗅覚なのかしら?良くわかりませんが。ねぇ、どうなのボノ?

去年の来日公演の2日目、Oneが終わってメンバーが挨拶してる時
ボノが感極まって泣いていた、というつぶやきをTwitterで発見しました。
その時の写真も、確かに泣いているように見えて、
私まで泣きそうになりましたが、その写真を保管するのを忘れてしまい。
「ボノ 来日 泣いた」とかで検索しても出てこず。
あーもう一度あの写真に出会いたいなぁと思っている今日この頃。

ボノ、本当に60歳おめでとう!!
まさかボノ還暦をロックダウンで迎えるとこになるとは思ってなかったけど、
これからも健康第一で、高校時代からの素敵な仲間たちと仲良く
バンド活動を続けてください!
その傍らでアフリカを始め社会貢献活動をして
あなたの歌と行動力で世界を変え続けて欲しい!!!!!
 

42C0967C-72FB-42B0-A88C-1083E26F126B

一昨年のGWはひたちなかまでネモフィラを見に行きましたが、
本日近所をぶらぶらしていたら、公園に普通に咲いているのを発見!

D1E50CAF-B45E-4AEC-8F57-2B5ED53ED4B8


今日は久しぶりにオリンパスのE-M1 Mark2で撮影。
レンズはZuiko 20-40mm F2.8です。
青い花、本当に綺麗!
ですが写真に撮るのは難しいんですよねぇ。
空と同化しがちだし、色と光のバランスが難しくて目で見ているのと
同じような綺麗さを表現出来ない。
しかもネモフィラ、茎が細い花だから少しの風でも揺れるしブレちゃう。 

ひたちなか行ったときはわざわざ日帰りでお金かけて行ってるし
気合い入れて撮影したのに、結果的に空回りであんまりよく撮れなかったのですが、
今回は近所でたまたま咲いてるのを発見!ぐらいだから
気軽な気持ちで色々設定変えてバシャバシャ撮って
あれ?今回の方が良く撮れたなぁと。
つくづくそんなものだよなぁと。

それに、ステイホームで近所の散歩しか出来ない今だからこそ、
遠くに行かずとも絵になる風景は近くにあるものなんだなぁと
思わずにはいられない1日でした。 

このページのトップヘ